どんな具材でもなんとかまとまってくれる調理法

特に冬の時短レシピの王道としては鍋があります。野菜を切って鍋でどんどん具材を煮込むだけでなんとかなります。

 

豪華にもできるし、大勢で集まった機会に作っても人気があります。市販の鍋用スープもたくさん出ていますが、いろんな具材からおいしい出汁がたっぷりでてくれるので、私は塩だけで味付けして、できるだけ具材の味に頼るようにしています。どうしても味を加えたいなら、出来上がって食べるときにポン酢とかタレとか加えるといいかなと思います。

 

ほかにおすすめなのは、かつて大ブレイクしたシリコンスチーマーです。私はまだ愛用しています。残り野菜を食べやすい大きさに切って詰め込んで塩・コショウだけふってレンジに数分ほどかけると簡単に1品出来上がります。もちろん好みでしょうゆなど加えてもいいでしょう。

 

先日はのこった大根を厚めのくし形に切って塩コショウをふり、シリコンスチーマーで3分加熱して、仕上げにえんどう豆を加えて1分だけ加熱しました。出来上がりにオリーブオイルなどかけるとおいしかったですよ。蒸している間に具材からいいスープが出てくれるので、とてもいい味になってくれます。

 

あとは卵とじもとても楽で栄養のある時短レシピです。材料は残っているものでも、なんとかまとまってくれます。たとえば、豚肉を食べやすく切り、人参や玉ねぎ、ゴボウなど好きな野菜を細めに切って、順にフライパンで炒めます。全体に火を軽く通し、水を入れて、しょうゆやみりんで味を調えてから仕上げに卵でとじます。肉でなくても油揚げとか豆腐でもなんとかなります。ご飯の上にかけて丼にしても美味しいです。

 

どんな材料を使ってもなんとかまとまってくれる万能の方法をいくつか知っておくのも時短には役立ちます。


このページの先頭へ戻る